2009年02月25日

ある工場見学にて

生産管理システムの構築をお手伝いしている関係で、必ず工場見学をさせて頂いています。
ある金属加工業のお客様の工場見学をさせて頂いたとき、一番驚いたのは床がピカピカしていたことです。

私の経験上、金属加工をされているところは金屑や油でどうしても汚れてしまいます。
そのお客様はマシニングセンターやNC旋盤等の工作機械加工が得意ということもあり、工作機械のほとんどが密閉されて、金屑や油が飛び散らないようになっており、社員の方は土足ではなく上履きでした。

担当者のお話では、社長の方針で業務終了時の片付けはもとより、朝は必ず社員全員で床拭きを行なっているとの事。
もちろん整理整頓もされており、3Sが確実に実行されている印象でした。
各現場をいろいろと案内して頂き、気持ち良く工場見学をさせて頂いたのを記憶しています。

さまざまな製造技術を有していることは重要なことですが、このような取り組みは社員の意識にも作用すると同時に、取引先からの視点で有効に作用すると考えます。
3S、5Sのような基本行動を実践することが大事だということを実感した日でした。

見習わなければなりません。
posted by メールマガジン事務局 at 11:00| 生産管理戦士のつぶやき