2010年05月26日

たかが備考されど備考

システムが本稼動し、運用も安定した頃にユーザー訪問をさせていただくとちょっとしたことですが、「へー」と関心させられることがあります。
何かと申しますと「備考の運用」です。

ある項目を入力をして、製造指示書や注文書などに印字したいが、パッケージのため、ぴったりと一致した入力項目が画面にない・・・。
カスタマイズも検討するがそこまで明確な定型情報ではない・・・。
そういったことをうまく運用上の取り決めで工夫されている場合があります。

例えば、
・単価マスターの備考に、取引先との単価契約年月日を入力。
・受注入力では備考を2つに分けて、ひとつは営業内での連絡事項に使い、もうひとつは製造現場への連絡事項に使用。
・発注入力においても同様に、ひとつは発注先に対する連絡事項、もうひとつは社内で使用。


など、些細なことですが、そういったことを運用ルールとしてきちんと決められて運用されているユーザー様ほどコンピュータ内の在庫数値や基準情報の精度が高く、生産管理システム全体の導入に成功されているように思えます。
別の見方をすると、社内における「伝達ルール」をしっかり取り決められ、デジタル情報だけではなく、ちょっとしたファジー情報までの伝達効率を高めることにより、生産性の向上につなげられているのではないかと思います。

備考って、SEからするとある種「逃げの手」であり、収拾つかないことの落としどころとして使ったりするのですが、一つの情報が非定型なものから定型的なものに成長する踊り場なのではないかと思います。
備考一つとってもあなどれませんね。
posted by メールマガジン事務局 at 09:30| 生産管理戦士のつぶやき